HOME >  傘立ての商品一覧  >  傘立て  >  身体に有害な紫外線からお肌を守る日傘

傘立て

身体に有害な紫外線からお肌を守る日傘

有害な紫外線からお肌を守る
Pocket

身体に有害な紫外線からお肌を守る日傘

紫外線は、ビタミンDを体内に生成したり、消毒、殺菌したりする人間にとって、有効な働きをするのと同時に、皮膚ガンの原因になったり、シミ、シワを作ったりするというように、人体に悪影響も与えます。nお
ここでは、紫外線にはどのような種類があり、それぞれがどのような特性を持ち、私たち人間にどのような影響を与えているのかを知っていきたいと思います。

紫外線の特性を理解し、紫外線の悪影響から、お肌を守る為の対策をして、健康な肌、美しい身体に有害な紫外線からお肌を守る日傘肌を守りましょう。
紫外線からお肌を守る為には、適切なスキンケアをするとともに、日傘や帽子、衣類などを使って紫外線を浴びないようにする工夫も大切です。

 

紫外線が人体に与える影響…日焼けの種類とUVA・UVB

日焼けには、と、UVBによる日焼けUV Aによる日焼けの2種類があります。

UVBによる日焼けは、他のページに書いたように、赤くなる日焼けで、UVAによる日焼けは、赤くならず、黒くなる日焼けです。

UVBは、波長が短いのですが、エネルギーが強いため、肌への影響が大きく、肌に炎症を起こしますが、UVAによる日焼けは、痛みを伴ったり、炎症を起こしたりすることはありません。
もともと浅黒い色の肌をした人がなる日焼けで、日焼けをした直後には、赤くなる日焼けに比べて、トラブルが少ないのですが、UVAは、波長が長い為、肌の奥まで届き、肌の内部に蓄積して、肌のハリと弾力と保つ働きをする繊維質を切り刻んで、深いしわを作ったり、メラニン色素を大量に発生させて、シミの原因になったりします。

UVAは、UVBに比べて、地上に届く量が非常に多く、室内にも入り込んできます。
色黒の人は、赤くなったり、炎症を起こしたりしないので、紫外線に対して、赤くなるタイプの人ほど気を遣わないことが多いのですが、実は、UVAの影響を受けやすく、肌の内部に紫外線の影響が蓄積していくタイプなので、現時点で肌トラブルがおこっていないから大丈夫と安心せず、日焼け止めクリームを塗ったり日傘を使ったりして、紫外線対策の工夫をしましょう。

 

 

紫外線を防ぐ帽子や日傘の効果

紫外線を浴びないように、屋外に出る時には帽子や日傘をお使いのことと思いますが、帽子のつばの広さや、日傘の色や布の材質によって、紫外線を遮断する確率が変わります。

例えば、標準的なつばの長さである7センチのつばの帽子をかぶった場合、顔の前面に受ける紫外線の量を約60パーセント程度減らすことができます。
帽子のつばが3センチであれば、35パーセント、5センチであれば、50パーセント、10センチであれば、70パーセント程度の紫外線を防ぐことができます。

日傘の場合は、布地によって紫外線を防ぐ効果が変わります。
布地による紫外線を透過させる割合と、紫外線を反射させる割合の違いです。
綿に比べて、ポリエステルの布の方が、紫外線の透過率が低いので、紫外線を防ぐ効果が高く、織が細かいほど、紫外線の反射率が高いので、紫外線を防ぐ効果が高まります。

ここ数年は、黒い日傘が紫外線の吸収率が高いということで、黒い日傘を使う方が増えていますが、黒い日傘は、日射量を13パーセント、UVBを47パーセント、白い日傘は、日射量を14パーセント、UVBを52パーセント防ぐという効果の違いがありますが、実際には、黒い日傘と白い日傘では、ほとんど紫外線を防ぐ効果は変わりません。

134c470f70175ac40d89509856325f1c_s

 

 

紫外線UVAについて

UVAは、紫外線の中で、最も波長の長い光線で、オゾン層で吸収されにくい為、UVBより多くの量が地上に届き、しかも肌の奥深くまで浸透します。

肌は、肌の内部にある弾力繊維によって、ハリを保っているのですが、UVAは、この弾力繊維を切断してしまう為、深いシワやたるみを作ってしまいます。

保湿が足りず、乾燥したことが原因でできたシワは、保湿ケアで改善することができますが、長年浴び続けたUVAが原因でできたシワは深く、保湿ケアで改善することはできません。

屋外での作業に、長期間に渡り従事してきた人に顔に深いシワが刻まれているのはその為です。

また、UVAは、曇りの日でも、地上に届いている為、私達の肌は常にUVAにさらされていますので、紫外線の季節には、曇りの日でも、紫外線対策は必要です。

UVAには、ガラスを通り抜けるという性質もある為、屋内で過ごす時も、日焼け止めクリームなどの対策が必要です。

日焼け止めクリームやローションに表示されているPA値とは、UVAを防止する度合いを示します。

UVAの悪影響は、スキンケアで改善することが難しいので、とにかく浴びないようにすることが非常に大切です。

紫外線を浴びないようにする為には、日焼け止めクリームを塗ること、日傘、帽子、長そでシャツなどで、紫外線を遮ることが必要です。

日傘

 

 

紫外線の種類

太陽から地球上に届いている光には、可視光線と赤外線、そして紫外線があります。
そのうちの約半分は可視光線、約45パーセントは赤外線、残りの約5パーセントが紫外線です。

その中で紫外線は、可視光線や赤外線に比較して、最も波長の短い光ですが、その紫外線にも、波長の長さによって、3つの種類があります。
最も波長が長い紫外線はUVA、次に波長の長い紫外線がUVB、紫外線の中で最も波長が短い紫外線がUVCです。

現状では、地球上に届いている紫外線は、UVAとUVBの2種類ですが、このまま環境破壊が改善されず、続くことになれば、約10~50km上空の成層圏にあり、紫外線を吸収して、地上の生態系を保護してくれているオゾン層が破壊され、UVCも地球上に降り注ぐことになってしまうかもしれません。

UVCは、現在地上に届いている紫外線よりも、さらに有害な光線で、生体に対する破壊性が最も強い為、もし地上に届くようなことになれば、地球上の生態系に大きな影響を与えることになると懸念されています。

現在地上に届いている紫外線のうち、UVAは肌の奥まで浸透する為、その影響が蓄積し、肌に悪影響を与えます。

UBVは、UBAに比べて、肌の奥まで浸透するわけではありませんが、肌の表面に影響を与え、肌に炎症を起こさせたり、皮膚がんの原因になったりします。

このような紫外線の悪影響から、肌を守る為には、日傘が効果的です。

ひまわり

 

 

紫外線が老化の原因になる理由

光老化という言葉をご存知ですか?

光老化とは、紫外線の影響によって引き起こされる老化現象のことです。

同じ人間でも、陽にあたる部分と陽にあたらない部分では、肌の白さ、きめ細やかさ、滑らかさが違います。

陽にあたる部分は、皮膚の表皮にある角質層が厚くなる為、ゴワゴワした感触になり、UVAに皮膚の内部にある弾力繊維を切り刻まれた為にくっきりとしたシワができ、弾力繊維自体が変形する為、皮膚からハリが失われ、紫外線に対抗する為に発生したメラニンのせいでシミができます。

また、紫外線は、体内の酸素を活性酸素に変えてしまいます。
活性酸素というのは、体内の細胞を酸化させて、人間の身体を老化させる働きがあります。

金属につく錆のような働きをする為、シミやシワなどの肌のトラブルだけではなく、ガンや糖尿病など、様々な病気を引き起こすと言われています。

この活性酸素を生み出さない、増やさない為には、栄養バランスの調った食事や、規則正しい生活習慣、適切なスキンケアが必要ですが、とにかく紫外線を浴びないようにすることが大切です。

紫外線の影響は、浴びた時だけではなく、長年に渡り体内に蓄積していくものなので、少しでも紫外線を浴びる量を減らすことが、美しい肌、健康な身体につながります。

その為には、日傘や帽子で、紫外線を遮断すること、日焼け止めの為のスキンケアをすることなど、紫外線の量を減らすための工夫をしましょう。

紫外線老化

 

紫外線が人体に与える影響…日焼けの種類と肌のタイプ

 

 

肌には、人種や住んでいる地域、個人によって差がある為、紫外線を受けた時に現れる影響には、いろいろなタイプがあります。

日本人の肌で、最も多いタイプは、紫外線を受け、日焼けをすると赤くなり、しばらくすると黒くなるというタイプです。

次に多いタイプは、紫外線を受け、日焼けをするとすぐに赤くなり、その後、わずかに黒くなるというタイプです。
この赤くなる日焼けは、日光皮膚炎、海外ではサンバーンと言われている日焼けで、紫外線のうちのUVBによって、肌が軽度のやけどをした状態になっている時に起こります。

多くの方が、日焼けをした為に、肌が赤くなった時に、ほてったり、ヒリヒリした痛みを感じたりしたことがあることと思います。
このタイプは、ひどくなると、水膨れになったり、黒くなった後、皮が剥けたりし、ひどい日焼けを繰り返すと、皮膚がんを発症するリスクの高いタイプです。

紫外線からの悪影響を受けないようにする為には、日焼けを防ぐことが非常に大事です。
なぜなら、紫外線は、紫外線を受けた時に現れる表面的な現象の他に、蓄積してシミ、シワなどの光老化や皮膚ガンの原因となってしまうからです。

紫外線を防ぐ為に、外出時には帽子や日傘を使う習慣をつけましょう。

 

室内への紫外線を防ぐ工夫

紫外線のうち、UVAは、ガラスを透過する性質がある為、室内にも侵入してきます。
室内の家具や、壁紙が色褪せてしまうのはその為です。
そして、私たち人間の肌も、室内にいても紫外線によって日焼けしています。
その為、紫外線が強くなる季節には、室内に紫外線を取り込まない工夫が必要です。

室内に紫外線を取り込まない為に手軽な方法は、UVAを遮断する効果のある素材を使ったカーテンを窓に取り付けることですが、カーテンは、風通しを悪くし、湿度をあげてしまうという効果も出てしまいます。

紫外線を遮断し、風通しを良くしておく為には、窓の外に紫外線を防ぐものを設置するのが効果的です。

例えば、日本に昔からあるヨシズを立て掛けたり、スダレを設置したりするのも良い方法ですし、ここ数年来、設置数が増えているオーニングも、効果的です。

オーニングは、ヨシズやスダレと違って、時間帯や天候によって、角度を調節したり、収納したりできる上、電動で操作できるタイプもあるので、使い勝手が良く、便利です。

屋外にいる時は、帽子や日傘、室内にいる時は、カーテン、スダレ、オーニングなどで紫外線を防ぎましょう。

カーテン

 

 

紫外線が目に与える影響

紫外線は、肌に影響を与える他、目にも悪影響を与えます。

日本では、まだサングラスを常時使っている人は多くはなく、サングラスに対する情報も少ない為、紫外線対策にはどのようなサングラスが適切なのかということが周知されていません。

白人は、メラニン色素が少ないため、日本人に比べると、瞳の色が薄いため、ほとんどの人がサングラスを使い、紫外線から目を守っていますが、日本人の目も、紫外線からの影響を受けないというわけではないのです。

目には本来、紫外線を防ぐ能力が備わっていますが、長時間紫外線を浴びると、トラブルをおこしてしまうことがあります。
その為、長時間屋外で過ごす時には、サングラスで目を守ることが大切です。

サングラス中で紫外線を効率よく妨げることができるサングラスは、紫外線透過率の低いレンズを使ったサングラスです。

レンズの色は、紫外線の透過率には関係ありません。
ただし、サングラスには、濃い色のレンズが付いたタイプから薄い色のレンズが付いたタイプまで、様々なものがありますが、色が濃く、紫外線透過率の高いレンズのついたものは、逆に目に悪影響を与える恐れがあるので注意しましょう。

サングラス

帽子や日傘、そして透過率の低いサングラスで紫外線から、お肌や目を守りましょう。

 

 

紫外線と衣服の関係

紫外線を効率良く防ぐ為には、衣服の色や素材も考慮する必要があります。

よく、黒い服は紫外線を吸収するので、紫外線の防止に最適な色の服であると言われますが、そうではありません。
なぜなら、多くの黒い色の衣服は、純粋な黒い色ではなく、何色もの色が混ざって黒く見えている黒い色だからです。

純粋な黒色の衣服は、確かに紫外線を吸収し、紫外線を反射するので、紫外線対策に有効なのですが、黒に見える黒い色の衣服は、逆に赤外線を透過し、紫外線を反射しにくいため、衣服に熱がこもり、体温をあげてしまいます。

色が濃くなればなるほど、赤外線を多く吸収し、紫外線を反射しにくくなるので、色の薄い衣服、白い衣服が夏の気候には最も適切な衣服です。

次に、衣服の素材について考えてみまそう。
綿、麻などの天然素材は、肌触りがよく、汗を吸い取り、風通しも良い素材ですが、紫外線の透過率は高い素材です。

反対にポリエステルは、紫外線の透過率が低いので、日傘には最適ですが、身に付ける衣類となると、汗を吸い取らないので、肌にトラブルをおこす恐れがあります。

綿とポリエステルを混紡した素材は、両方の良い特性を合わせたもので、紫外線を防止する機能が高く、汗を良く吸い取り、肌触りの良い素材です。

紫外線を防ぐ為には、帽子、日傘などに加えて、UVカットの素材を使った衣服を身に付けるようにしましょう。

布

 

 

紫外線UVBについて

紫外線のうちの約10パーセントを占める、人体への影響力の強い光線がUVBで、遺伝子を変異させる力がある為、発ガンの原因になることもあります。

太陽の光を浴びると、日焼けをする理由は、UVBが皮膚の内部に浸透していき、細胞を破壊することが原因です。

人間の肌には、外部からの悪影響を防ぐという働きがある為、UVBを浴びると、UVBが体の内部に侵入するのを防ぐ為に、肌の内部でメラニン色素を生成します。
その結果、肌の色が変化し、日焼けした状態になるのです。

若く、健康な肌であれば、新陳代謝が活発におこなわれている為、時間が経つと、元も肌の色に戻りますが、肌のトラブルや、体調、ストレス、加齢などの為に、新陳代謝が順調に行われず、ターンオーバーの周期が狂ってしまうと、メラニン色素がすべて排出されず、肌に残ってしまうことがあり、これがシミやくすみの原因になってしまいます。

UVBの悪影響を防ぐ為には、日焼け止めクリームで肌を守るのと同時に、日傘や帽子、長そでシャツなどを利用することで紫外線を防ぐことが大切です。

UVB

→ 日焼け止めに表示されているSPF値は、UVBによる日焼け防止の度合いのことですので、地域や状況に応じて適切なタイプを選びましょう。

 

 

Pocket