HOME >  ポストの商品一覧  >  デザインポスト  >  第一印象が大事、家の表情がかわる外構デザイン

デザインポスト

第一印象が大事、家の表情がかわる外構デザイン

家外溝デザイン
Pocket

家自体の建設に予算を充ててしまい、外構デザインまでまわらないケースも見受けられます。しかし、外構デザインによって住まいの印象は大きく変わります。住み心地のよい住環境を手に入れるために、外構デザインのポイントをみていきましょう。

 

住宅と一体で考える

外構計画は住まいの設計と切り離されて考えられることが多いですが、室内と室外を一体のデザインとして考えると空間に調和が生まれます。特に家の外観と外構は、同一のデザインテイストでまとめるようにしましょう。外観を引き立てる外構デザインとするともに、周囲の街並みとも調和するデザインとすることが大切です。

 

外構の基本的なスタイル

外構デザインのスタイルを大きく分けると、「オープン型」、「セミオープン型」、「クローズド型」の3種類があります。「オープン型」とは門扉や塀を設けない形で、植栽などで外部空間と緩やかに仕切ります。
人が入りやすい反面、外部の視線にさらされやすいことから、防犯上は比較的安全です。

「セミオープン型」は、門扉は設けるものの塀はつくらず、植栽などで仕切る形です。日本の住まいに多くみられ、プライバシーを守りつつ開放感もあります。「クローズド型」は門扉や塀で住まいを囲むため、外部に対しては閉鎖的な印象を与えます。

広い敷地で用いられることが多く、プライバシーが確保されることがメリットです。

 

外構の機能の種類

外構を機能によってゾーニングすると、「エントランスゾーン」、「ガーデニングゾーン」、「サービスゾーン」に分けることができます。「エントランスゾーン」は、玄関アプローチや駐車スペースです。駐車スペースは家に対して、カーポートの屋根が大ぶりなものとならないよう配慮すると、バランスのとれた外構となります。

「ガーデニングゾーン」はウッドデッキやバーベキューを楽しむスペースなどの使う庭と、植栽を植え込む眺める庭に分けてプランを立てます。実際に庭で何をしたいか考え、必要なスペースを確保したうえで、眺める庭のスペースをとるとよいでしょう。

「サービスゾーン」とは、洗濯物を干す場所やゴミを保管する場所で、バックヤードとして家の北側あるいは側面に設けるケースが多い。洗濯物が外部からの視線にさらされないような配慮が必要です。

 

最後に

後回しにされがちな外構デザインにも気を配ることで、暮らしやすい住まいとなります。家を建てるときや大規模なリフォームを行うときには、外構デザインにも目を向けましょう。

Pocket