HOME >  掛け時計の商品一覧  >  デザイン時計  >  時計の歴史を語ろう!

デザイン時計

時計の歴史を語ろう!

時計の歴史を語ろう!
Pocket

 

時計の歴史!

日本人の生活に時計は欠かせません。
というのも日本人は非常に時間に細かく、時間を気にする人種であるためです。
1分刻みのスケジュールを立てる人もいれば、1週間単位のスケジュールを立てる人もいます。
ただ、いずれにしても時間を気にしながらのスケジュールになっていて、部分的に見せる曖昧なスケジュールも実は猶予時間が決まっているため、最終的には時間に応じた行動を取っていると言えるでしょう。
日本の文化と時間の関係が密接にあるというのは、様々な商品で時計が付いているということを考えれば簡単にわかることだと思います。
最近の家電製品などは予約機能が充実しているので本体に時計がないと機能を満たすことができません。
このサイトでは、そんな生活の一部になっている時計について、いろいろとご紹介したいと思います。
時計の歴史や腕時計、掛け時計などの種類にに至るまで、いろいろな時計に関する内容をご紹介していきます。
これから時計を持つという方や今も時計を使っているけど他にも便利な時計がないかな?と思っている人にも有益なサイトとなるよういろいろな角度から時計を見つめてみたいと思います。
是非このサイトを参考に新しい時計を手にしてみてください。

▲ページ上部へ戻る

 

 

海外の時計編

海外の時計編

海外の時計についても少し調べてみました。
海外の時計は高級時計が多くいろいろと興味を持っていたのですが、やはりデザイン性が豊かなタイプが多いようです。
また、需要としては、腕時計が圧倒的に多いのですが、置時計や掛け時計といった日本でもお馴染みの時計も人気があるようです。
これは海外であっても時間を基準に生活しているためで、時間をしるための時計は必需品であることがよくわかります。
さて、海外の時計といって思い浮かべるのがスイスの時計ではないでしょうか。
やはり時計はヨーロッパが本場という印象をもっている人が多いと思いますが、その中でもスイスの時計という印象を持っている人がより多いみたいです。
他にも時計の印象がある国としては、フランスやイタリアではないでしょうか。
これらの国に対して時計の印象があるのは国内でもフランスやイタリアの高級腕時計が売られているからではないかと思います。
実際にはドイツやオランダなども時計の文化がありますし、きとんとした機能性、デザイン性の高い時計が多いのも事実です。
これからは、こういったヨーロッパの時計もどんどん入ってくると思いますが、個人的には南米やアフリカ独自の時計も見てみたいと思っています。

▲ページ上部へ戻る

 

 

置時計編

置時計編

時計の歴史を語るのであればまずは置時計を調べなければなりません。
昔から国内では置時計が最も歴史や貴族性を感じる時計とされてきましたよね。
動揺にもなっている大きな古時計を始めとして、時計に凄みを出す場合は掛け時計や腕時計ではなく必ず置時計でした。
置時計と言えば、自宅に置いてある目覚まし時計などもそのカテゴリに属します。
目覚まし時計の場合は機能性というよりもデザインをより重視されているように感じます、例えば子供部屋であれば、アニメなどのキャラクター物が人気になっていますし、寝室などであればシンプルなデザインであったり、暗い部屋でもきちんと時計が見えるようにライトアップされる時計が重宝されています。
おそらく国内で開発されている量としては、腕時計よりも多いのでは?と思います。
最近では置時計にもアンティークブームが到来しており見た目のオシャレ感もますますUPしてきましたよね。
これまでは目覚まし時計として使っているので、音が出ればなんでも良いといわれることもありましたが、最近ではインテリアとして置時計を使用する人が多くなっているようです。

▲ページ上部へ戻る

 

 

日時計編

日時計編

時計の歴史について調べていくと、日時計にたどり着きます。
日時計とは太陽に照られれる影の長さで時刻を表すという時計です。
ギリシャなどでは日時計がつかわれていた事実が記録として残っています。
また、ギリシャの場合文明が発達していたため、建物と影の関係から季節などもある程度把握できたと言われています。
この話を調べていくとギリシャ文明の凄さがよく伝わってくるのですが、当時は影の向きや長さに合わせて神殿などの建物を建築し、月日や時刻を計測していたといわれています。
このように日時計の歴史をたどっていくといろいろな文明を知ることができるという意味でも非常に興味深い時計です。
最近では時計の話題と言えば高級腕時計とおしゃれな掛け時計にもっていかれてしまうのですが、元来日時計や水時計など自然を利用した時計こそ、技術以上に神秘的な時計だと感じています。
現在もこうした自然を利用した時計についての研究がされているのだそうです。
今ではデジタル化が非常に進んでいるのでこうしたアナログ式の時計はもう出てこないのかと思っていたのですが、まだまだこうしたシンプルで壊れない時計が重宝されているのかもしれませんね。

▲ページ上部へ戻る

 

 

腹時計編

腹時計編

時計の歴史をいろいろを調べてみてもなかなかヒットしないのが腹時計です。
どうしてヒットしないかというと腹時計というものは実在せず、空想の中で語られていたからだと思います。
ただ、定期的に空腹を感じる人間はお腹の空き具合である程度時間の経過を測れるのでは?とも感じています。
実際に「なんかお腹すいてきたな!」と感じたときは大概ご飯を食べている時間になっていますよね。
ですから全くないわけではないと思います。
さて、掛け時計や置時計とは違って正確な時間を測ることができないといわれている腹時計ですが、さきほと書いたように定型的な時刻を記すことは出来ると思っています。
使い道としては時計を忘れてしまった際に目安とする程度しかなく、その目安も正確性には欠けるのですが、毎日規則正しい生活をしている人であれば、本当に簡単な時計の機能として腹時計を使うことができるかもしれませんね。
以前、腹時計について真剣な実験を公開しているサイトがありましたが、その腹時計(人)はストップウォッチ機能まで兼ね備えた腹時計というページを公開していました。
ただ、そこまでいくと頭の中で数を数ええいるのかな?と思えなくはないですけどね。
今後もいろいろな時計が登場すると良いですよね。

▲ページ上部へ戻る

 

からくり時計編

からくり時計編

からくり時計については世界各国でいろいろな時計があるので歴史もかなり古いのですが、現在のからくり時計は基本的に人形や機械などが時間になると動き出すという仕組みがほとんどです。
からくり時計は、デパートや公園に設置されていることが多いので大きいものを想像しがちですが、腕時計や掛け時計のようなさほど大きくないからくり時計もあります。
最近の流行としては幼児向けの施設で時間になると機関車が動き出したり、人形が演奏し始めたりするからくり時計をよく見かけます。
子供には時計よりもからくりによって動くおもちゃが非常に人気にもなっていて、印象的なためか、からくり時計でその場所を覚えていたりしますよね。
からくり時計の魅力はインパクトであったり、からくり自体の仕掛けや仕組みといったところではないでしょうか。
からくり時計が動く時間にたまたまその場所を通るとなんだか気分がよくなるというのも日本人の文化にからくり時計が深く刻まれているからではないか?と思います。
これからもいろいろなからくり時計が目印のような形で目立つ場所に建設されていくと思いますが、どんなからくりをみせてくれるかという点について非常に興味があります。
今後もからくり時計には注目ですね。

▲ページ上部へ戻る

 

 

昔の時計編

昔の時計編

時計の歴史を語る上で触れておきたいのが昔の時計についてです。
最近では掛け時計や腕時計が主流になっていますが、そもそも時間を図るのに今のようなデジタル的な部品は何一つありませんでした。
最初に編み出されたのが「日時計」です。
これは太陽の光を浴びて出来る影を利用したものです。
晴れている日にしか時間がわからないという難点があったものの正確性という点では非常に優れていたと言われています。
また、別の国では水時計というものもありました。
これは容器に流入する水の量で時間を測っていました。
水時計の場合正確な時間を測るをいうよりは日数を計算するということに使われていたようです。
また珍しいところでは「火時計」というものもありました。
これは今で言うロウソクのようなものに火を点け、その減り方で時間を測っていたといわれています。
火時計などは人気アニメでも紹介されていたので身近に感じる人もいるのではないでしょうか。
簡単に一部だけご紹介しましたが、時計の種類は実に多く歴史も非常に深いということがわかります。
今では1分1秒のズレもなくなりつつありますが、そういったハイテク機器を使わずとも正確な時間を把握できていたというのは本当に驚きです。

▲ページ上部へ戻る

 

 

家電の時計編

家電の時計編

時計の歴史をたどっていく中で気づいたのが家電製品の時計です。
これはつき最近のことのようですが、私も気づいたときには時計がついていたという感じです。
そもそも最近の家電製品は予約機能や遠隔操作機能が充実していますよね。
こういった機能にも時計が活躍します。
例えば予約機能の場合時計を内部にもっていないことには、設定されたとおりに動作することはありませんよね。
時計機能があるからこそスケジュールとおりに起動停止が可能となるわけです。
この機能を身近のものに置き換えるとビデオなどがこれに該当しますよね。
何かのテレビ番組を録画したいという場合、多くは外出などをしているため、設定した時刻で動いてもらうしかありません。
これを実現可能としているのが時計の存在です。
家電に付属している時計といっても最近の技術で作られた時計は非常に高品質で高性能だと言えます。
最近では掛け時計なども家電に取り込まれるようになっています。
これによりその家電をしまう場所が確保出来という点で人気になっています。
今後も時計の発展には期待大ですね!

▲ページ上部へ戻る

 

 

携帯電話の時計編

携帯電話の時計編
携帯電話についている時計にも歴史はあります。
時計というのは生活と切り離せないものなので、常時所持しているモノに時刻が刻まれていれば非常に便利ですよね。
そこでターゲットとされたのが携帯電話というわけです。
携帯電話の場合、忘れることが非常に少ないので、この発想は非常に素晴らしいと思います。
また、時計を活かしたいろいろな機能も携帯電話では充実しています。
その一つが目覚まし機能ですよね。
旅行先などに目覚まし時計を持っていくわけにはいかないのでこの機能も非常に助かります。
また最近流行りのIT化に乗っかりスケジュール機能なども備えています。
スケジュール帳に記録している時刻になったらアラームでお知らせしたり、時間起動でいろいろな機能を持たせているのも携帯電話です。
携帯電話の時計機能は今後発展することは少ないかもしれませんが、他の機能が時計機能を利用するということは増えてくると思います。
余談ですが携帯電話を掛け時計として使うような留め具もあるんですよ。
この場合電話がかかってきたときどうするのかな?なんて思いますが、それだけ時計という機能は重要ということかと思います。

▲ページ上部へ戻る

 

 

目覚まし時計編

目覚まし時計編

目覚まし時計の歴史についてご紹介します。
目覚まし時計は実は掛け時計がヒントになっているという話を聞いたことがあります。
掛け時計で最も人気であった、振り子式の時計や鳩時計などは、定期的に音がなりますよね。
これを朝起きる時間にセットできないか?という観点から生まれたのが目覚まし時計といわれています。
目覚まし時計は今となっては生活の必需品ですよね。
私も朝は起きられないので2つの目覚まし時計を部屋においています。
目覚まし時計独自についてスポットを当ててみると、デビュー当初は時刻になったら鳴り始め、意図的に止めるまでなりつづけていたのですが、最初の機能改良としてなる時間を30分程度に短縮しました。
それから何度もなるというタイプも出ましたよね。
これはスイッチを2つ付けておき、本スイッチを切るまで5分置きに目覚ましがなるという形です。
次の進化は自分の声などを目覚ましにふきこめるという機能です。
これは芸能人などに声を入れもらいなど、非常にはやったことがありますよね。
毎朝好きな人や芸能人の声で目覚めることができるというのは非常にうれしいことですよね。
今後も目覚まし時計については発展の余地が大きくあると考えています。

▲ページ上部へ戻る

 

 

掛け時計編

掛け時計編

掛け時計の歴史は意外とあさく、1900年代に入ってからの開発といわれています。
ただ、他の時計とは異なりいくつか説があるので少し曖昧な部分があると思っています。
そもそも時計を作った時には製作者も思いもあって、掛け時計や置時計かというような問題もあったために明確な時期が出ないのかな?と考えています。
ちなみに私は実家の居間にある時計が掛け時計でした。
当時はよくある振り子時計で30分ごとに時報がなるタイプでした。
この時報が個人的にはすごく居心地よかったことを覚えています。
音の響きとか大きさがちょうど心地よかったんだと思いますが、30分置きになる時報は時刻ジャストの場合は、時間の回数、30分のときは1回という形でわかれていました。
ですから12時の時は12回音が鳴るので、毎日12時が楽しみだったことを覚えています。
さて、そんな掛け時計ですが、今でも人気は衰えていないですよね。
やはり携帯電話などの普及により時計を自宅におかないという家庭も増えているのですが、リビングなどの目立つところに置く時計は掛け時計をいう家庭が多いのも事実です。
企業などの時計についてはほとんどが掛け時計ですよね。
これは広いオフィスにおいても誰でも見ることができるという点がこのまれているためです。
今後も置時計には活躍してもらいたいですよね。

▲ページ上部へ戻る

 

 

腕時計編

腕時計編

腕時計の歴史は以外と深く1800年前後にはすでに登場していたといわれています。
初期の腕時計は、懐中時計にベルトをつけたものであったり、貴族だけに使われたりと、今のように誰でももっているわけではありませんでした。
また、当初は電池などはないため自分でゼンマイを巻くことで動かす時計が主流でした。
最近では腕時計にもアナログ式とデジタル式がありますが、人気としてはアナログ式のようです。
ただ、先んではカシオのG-SHOCKからMR-Gといわれる時計が発売されており、この時計はデジタル、アナログを組み合わせた時計となっています。
どちらを見るかは個人の自由ですが、両方あると機能面でも優れていますし、見た目という部分についても満足いくことでしょう。
腕時計の最大のメリットは持ち運べることです。
これは掛け時計には無い発想なのでここまで人気になっているんだと思います。
腕時計については高級品になると1000万円クラスもあります。
多くの高級時計は数十万円からといわれているのですが、時計の場合無駄にプレミア感がついてしまい必要以上に高くなってしまいますよね。
高さの理由がブランドだけではないとハッキリした時点で購入を決断すると良いと思います。

▲ページ上部へ戻る

 

 

 

Pocket