HOME >  バードフィーダーの商品一覧  >  バードフィーダー  >  愛鳥のストレス発散、室内で放鳥が出来る便利なバードスタンド

バードフィーダー

愛鳥のストレス発散、室内で放鳥が出来る便利なバードスタンド

バードスタンド
Pocket


小鳥を自宅で飼う場合、通常は鳥籠を使用しますが、小鳥もいつも狭い鳥籠の中に入れられてばかりいるとストレスも溜まりますし、たまには青いお空も眺めさせたいとベランダの物干し台に吊るしたりすれば猫に襲われてしまったり・・・。

運動させてあげたくてもなかなか難しいものがあります。かと言って外へ放すわけにも行きませんし、何か良い方法はないかと調べているうちに、バードスタンドを使って室内で放鳥しているという人がいることを知りました。今回はあると便利なバードスタンドをご紹介します。

 

小鳥にも、たまには広い空間を飛翔させてあげたい

鳥は本来、広い大空を自由に飛翔する生き物です。人に飼われるために品種なども改良され、おとなしく鳥籠の中で一生を過ごす小鳥も多く存在しますが、やはり本来の性分に照らせば、たまには広い空間を飛び回らせてあげたいものです。

さりとて本当に外で放したりすれば、二度と戻って来ないことは明白ですし、野鳥としての知恵もない飼い鳥ですから、あっけなく他の強い鳥や猫などに襲われてしまうことでしょう。家族同様に可愛がっている小鳥たちですから、何とかたまには少しでも羽を広げさせてあげたい・・・。

そんな時に役に立つのが、バードスタンドです。

 

バードスタンドってなに?

バードスタンドとは、簡単に言うと「鳥用の止まり木」というところでしょうか。本当にデザインも形もさまざまで、材質もいろいろです。やはりより自然に近い形をとるために、木で作られたものが多いですが、足の爪を傷つけないように考慮された、組みひもの中にしっかりした針金で芯を作ったコットンロープ製のバードスタンドなどもあります。

また、木製の止まり木でも、小鳥の止まる部分が直線ではなくゆるやかな波型形状に加工されていて、細い部分と太い部分が足への刺激となり握力を高め、程良いトレーニングとなってストレスも発散できるという、進化したバードスタンドもあります。

形状も鳥籠の外側に直接取り付けて使用するタイプと、バードスタンドそのものが独立スタンド式で、鳥籠とは別の場所に置いて使用するタイプがあります。凝ったものになると、はしごやブランコなど小鳥が遊べる遊戯施設のような装備をそなえたものもあります。

 

工夫次第で使用目的、用途もさまざま

バードスタンド

やはり、まず最も多い使用目的としては小鳥の運動とストレス解消のため、ということが挙げられるでしょう。室内で放鳥するのであれば、外へ迷い出ていなくなってしまう心配もありません。室内を自由に飛び回るにしても、鳥ですから平らな所に止まるのは苦手です。

そこで、このバードスタンドがあれば、小鳥たちは安心してその止まり木に止まることが出来ます。いつも決まった位置にバードスタンドを置いておけば、飛び回ってもそこを定位置として必ず止まるようになります。また籠に戻す時も、定位置で待っていれば戻って来ますから、捕まえるのも簡単です。

虫取り網を持って追いかける、などという大捕り物をしなくて済むのはありがたいものです。

また、小鳥を飼ったことのある方ならどなたにも経験があると思いますが、あの鳥籠のお掃除がまた一苦労です。籠の下に敷いてある新聞紙などの敷物を取り換えるのも大変ですし、餌を入れ替えたり水を取り替えたり、小鳥が鳥籠の中にいたのでは、なかなか仕事が進みません。

小鳥も落ち着かずに中でバタバタしますから、下手をすると羽を痛めてしまいます。そんな時は思い切って籠の外へ出し、バードスタンドを使って放鳥しておけば、鳥籠のお手入れもスムーズに進みますし、小鳥の運動にもなり、一石二鳥です。

 

やはり野鳥は無理、苦い経験が

だいぶ以前の話になりますが、大きく窓を開いておいたところ、ウグイスが室内に飛び込んで来たことがありました。ウグイスも驚いて、一体どこへ入ってしまったのかと驚きあわてたのか、狂ったように室内を飛び回りました。

何とか捕まえて、鳥籠に入れてみましたが、それこそ死に物狂いで飛び回り、とうとう籠の網に体を打ち付けて死んでしまいました。ウグイスだと思って欲を出したのが仇になり、死なせてしまったことは本当に悔やまれる苦い思い出です。

やはり野鳥は、自由に野山を飛び回って美しい鳴き声を響かせることこそ本性なのだとつくづく思いました。やはり友人がスズメを捕まえて飼ってみようと試みましたが、うまく行かなかったと言っていました。飼われるために飼育された小鳥と野生の小鳥では、根本的に性質が異なるようです。

自宅で可愛がって飼うのでしたら、その用途で販売されている小鳥を購入されるのが、最もスムーズな方法だと思います。カナリヤなどは美しい鳴き声で気持ちを明るく華やかにしてくれますし、手乗り文鳥などはその愛らしいしぐさや手指に乗ってくつろいでくれる姿にとても癒されます。

バードスタンドを使って、そんな小鳥たちとの楽しい共同生活をぜひ体験されてみてはいかがでしょうか。

 

ドイツの人気ブランドBlomus(ブローマス)、バードスタンド[BOREA]の詳細はこちらをクリック!

Pocket