HOME >  バードフィーダーの商品一覧  >  バードフィーダー  >  野鳥(小鳥)の自然な姿を観察出来るバードバスの簡単な作り方

バードフィーダー

野鳥(小鳥)の自然な姿を観察出来るバードバスの簡単な作り方

バードバス 作り方
Pocket

バードバスってご存知ですか。小鳥たちの水飲み場兼水浴び場のことですが、近頃はなかなかこの小鳥たちに適した「浅い水たまり」が少なくなっているようです。そこで、自宅のお庭やベランダに、このバードバスを作ってあげて、小鳥たちを呼び寄せてみる、というのはいかがでしょうか。

小鳥たちを呼び寄せるには、バードフィーダーを設置して餌付けをしたり、バードハウスを作って巣づくりを応援してあげる方法もありますが、そこまで大掛かりにしなくても、小鳥たちが安心して飲むことの出来る水飲み場を提供してあげるだけでも大丈夫なのです。

普段じっくり見ることの出来ない野鳥たちの自然な姿を観察することが出来ます。今回は、とても簡単に作れるバードバスの作り方をご紹介します。

 

鳥たちは、きれいな水が大好き

今ではアスファルトの道路が当たり前になりましたが、以前はまだ舗装されていない土の道などに、雨上がりなどは大小の水たまりがたくさん出来ていました。カラスなどの大型の鳥たちも、そのような水たまりなどで水を飲んだり、羽をパタパタさせたりしているのをよく見かけたものです。

しかし最近では、そのような光景はほとんど見られなくなりました。

以前自宅で飼っていた小鳥たちも、体よりちょっと大きめの水受けを籠の中に入れてやると、さっそくジャブンと中に入って、気持ちよさそうに羽をパタパタさせていたものです。

1日に何度もそのようにして、嬉しそうに水浴びをしていました。あたり一面水が飛び散って、それなりに大変ではありましたが・・・。

見ていると、鳥たちはとてもきれい好きなようです。お水を飲んだり、水浴びをしたり、その後は何度も羽をパタパタさせながら、くちばしで羽をツンツンして身づくろいに余念がありません。体の清潔と健康を保つためにも、水浴びはとても大切なのでしょう。

それはきっと人間と同じことなのかも知れません。

 

効果的なバードバスの作り方

では、鳥たちにとって大切な水飲み兼、水浴び場であるバードバスは、どのように作ってあげたら良いのでしょうか。

準備するものはとても簡単です。浅いお皿か植木鉢の下に敷く水受けのお皿など、古いものでも結構ですから、あまり深くない器を用意します。そして、お皿の底に小石や細かい砂利などを敷きつめます。これは、中で鳥たちが滑らないようにしてあげる配慮です。

お水は1~2センチの深さがあれば十分です。お水を入れれば、それでもうバードバスの完成ですが、問題はどこに設置するかということです。お庭であればどこでも構わないのですが、あまり低い位置や見通しの悪い場所だと、猫に狙われる可能性があります。

特に小鳥たちがよく来る場所だと知られてしまうと危険な場合があります。

ベランダなどの場合は、洗濯物の干場の傍は水がよく飛び散りますので避けた方が無難です。1階でない場合は階下の方のことも考えて、影響のない場所に置くようにしましょう。鳥たちがフンを落とすこともありますし、バードバスが落下することも考えられます。

非常に危険ですので、ベランダの手すり付近への設置は避けて下さい。あとは気長に待ちましょう

野鳥はとても警戒心が強く、最初はなかなか近寄ってもくれないかも知れません。ですが、きれいなお水の入ったお皿やお盆は鳥たちにとって大変魅力的であるはずです。必ずどこかから見ていて、そこが安全で、安心して水浴び出来る場所かどうか、様子をうかがっているはずです。

毎日お水を取り替えながら、気長に待ってみましょう。きっとそのうちに、可愛らしい元気な小鳥たちが、お水を飲んだり水浴びをしたりする姿が見られるようになるはずです。楽しみです。

 

思いがけず楽しい野鳥観察

特に意識してバードバスを作ったつもりがなくても、たとえばお庭に放置していた植木鉢のお皿の中に雨水が入って、たくさん雨が降った後などはお水もきれいなので、そこへ小鳥たちが思いがけず寄り集まって可愛らしい姿をみせてくれた、という話を聞いたことがあります。

小鳥たちはやはり良く見ているのですね。あそこにいい水場があるよ、と気づけば仲間たちを誘って来るようになるようです。

また、庭に置いてある石の上部がたまたま少しくぼんでいて、そこにちょうど良い具合に水が溜まっているところに、たびたび美しい色の鳥が水浴びに来るのだと話してくれた人がいました。夏などはひんぱんに訪れるので、わざとそのくぼみに水を張ってあげて、美しい鳥の訪れを待ったそうです。

想像するだけでも優雅で美しい光景ですね。バードバスは、バードフィーダーやバードハウスほど手間も暇もかかりません。ただ安全なところに設置して、きれいなお水を用意しておいてあげるだけで、可愛らしい小鳥や珍しい美しい鳥などを呼び寄せることが出来ます。

鳥たちもきっと喜んでいるはず。ちょっと工夫すれば、お庭のアクセントにもなるバードバスをぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

Pocket